保険金の受取人と遺産相続について

受取人が指定されている時は保険金は相続財産にはなりませんが、特別受益とみなされれば生前贈与となります。

CONTENTS
保険金の受取人と遺産相続について

保険金の受取人と遺産相続について

生命保険の保険金は相続財産ではありませんが、遺産相続に全く関係がないかといえば、そうとも言いきれません。
例えば男性が亡くなり、妻と三人の子供がいたとして、保険金の受取人が妻だったとします。
その場合は保険金は遺産から外して妻が受取、それ以外の財産を妻と子供で分けることで丸く収まることが多いですが、妻が既に他界していて相続人が子供三人しかいなかったとして、そのうちの一人だけが保険金の受取人になっていたとしたらどうでしょうか。保険金が2000万円あり、父親が残した遺産が現金で2000万円あったとして、保険金を受け取った子供が現金の2000万円についても三分の一の権利を主張したとすると、揉めることは必死です。

残りの二人の子供にしてみれば、自分だけ2000万円もの保険金を受け取っておきながら、更に現金の遺産についても同じように三分の一の権利を主張されれば不公平と思うのは当然です。

毎月の保険料を父親が支払っていたとすると、生前贈与とも受け取れます。
また仮に保険金を受け取った一人が残りの2000万円の遺産について権利を主張しなかったとしても、他の二人の子供は1000万円ずつしかないのに一人だけ2000万円も受け取るのは不公平と言い始めると、やはり争いになることは間違いありません。

このような争いは裁判になった時にどのような結論になるかと言いますと、必ずこうなるという判例が出来上がっているわけではありません。まさにケースバイケースでその都度裁判所で判断することになっています。
今回の例ですと、一人だけが受け取る保険金が特別受益にあたるかどうかが争点となります。
特別受益にあたるかどうかは受け取る保険金の額や残りの遺産の総額、支払った保険料の額などを総合的に見て判断します。
その結果、特別受益と扱わないことが著しく不公平と判断されると特別受益と判断されますし、生前の受取人の貢献度なども判断の基準となります。

Copyright 2014 保険金の受取人と遺産相続について All Rights Reserved.